倫理的側面のメリット

知っておきたいNIPT

倫理的側面のメリット

倫理的側面のメリット NIPTの検査を受けることで、赤ちゃんの健康的な状態を事前に知っておくことができます。
結果次第で堕胎を選ぶ人もいるので、問題視されたり何かと注目されがちな検査ですが、NIPTで赤ちゃんに障がいがあることが分かった上で出産できるという点をメリットとして評価している人は多いです。

産んだ後でわかるよりも、事前に知っておけば色々な準備をすることができます。
倫理的側面では何かと問題されがちなこの検査ですが、産後に知るよりも産前にわかるメリットは計り知れません。
より高度な医療が受けられる病院を選んで出産することは重要ですし、そういう準備が出来る点もNIPTの大きな利点と言えるでしょう。

NIPTは問題が検出されないケースも多いですし、そのことで安心して出産をすることができる点が支持されています。
安心して産みたい、と考えている高齢出産のカップルからは特に希望する人が多く倫理的な問題を踏まえた上で利用する人が多いです。

知っておくべきNIPTの倫理的なデメリットとは

知っておくべきNIPTの倫理的なデメリットとは 多くのメリットがあるNIPTではありますが、検査をするにあたっては当然デメリットも存在します。
そもそもNIPTは、生まれてくる子供に染色値異常があるかどうかを確かめるのに有用な検査です。
そのため、その検査を通して生まれてくる赤ちゃんに染色体異常があることが分かった場合、妊娠中絶を選択する親が出てくる可能性がある点が倫理的に問題視されています。
実際に障がい者団体の中にはその検査に対して懸念を明確に表明しているところもすでにあります。
そのような状況を受け、日本ではその検査で知ることができる染色体異常を3ダウン症をはじめとする3つの病気に限定しています。
また、その結果が安易な命の選別につながることがないよう検査を受けることができるのもすべてのカップルとはしていません。
合わせてその検査を通して染色体異常が分かったときには専門家によるカウンセリングなど、専門的なフォローが受けられる環境を整えていくことも重要と言えます。

新着情報

◎2020/11/27

結果が出るまでの期間と注意点
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

倫理的側面のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「倫理 メリット」
に関連するツイート
Twitter

表現を守りつつ害悪オタク君撲滅方法なんて個人の倫理感と良心に任せるしかないわけで、それがぶっ壊れて今みたいな事になってるならそれはもう規制しかないよ… 素敵作品が生み出されるメリットよりリアルで実害が発生するデメリットの方がでかくなりゃ私も規制反対できないよ…

メリットには多大なコストがつきまとうのに、何のコストも払わずになぜ無償提供または搾取できると思えるんだろう、倫理のみならず理論的にも破綻している

『こどもSDGs』読了。 SDGsは明確な数値のある経済目標であることが、明確に示された本。 数値で示された現状で、ヤバさが意識されるし、倫理的な「良いこと」が、どのような経済メリットになるのかが示されていて分かり易い。個人の動機は気持ちの問題だとしても、持続的な経済の問題なのだと知った。

返信先:確かにメリットも大きいですが、僕は反対寄りですね… 動植物の品種改良も同じく、個々の生命に他者が手を加える、踏み入るのは倫理的にどうかなとも思いますし、 人間となると…

返信先:私精神科に、足切りたいって言ってます。先生は、メリットデメリットかんがえたらそりゃ切りたくもなるよなぁ、でも倫理的になぁと言ってます。昔形成外科医に、「ズタズタにして感染させてきたら、切ってあげる」って言ってもらって心が楽になりました。体験談です。