倫理的側面のメリット

知っておきたいNIPT

倫理的側面のメリット

倫理的側面のメリット NIPTの検査を受けることで、赤ちゃんの健康的な状態を事前に知っておくことができます。
結果次第で堕胎を選ぶ人もいるので、問題視されたり何かと注目されがちな検査ですが、NIPTで赤ちゃんに障がいがあることが分かった上で出産できるという点をメリットとして評価している人は多いです。

産んだ後でわかるよりも、事前に知っておけば色々な準備をすることができます。
倫理的側面では何かと問題されがちなこの検査ですが、産後に知るよりも産前にわかるメリットは計り知れません。
より高度な医療が受けられる病院を選んで出産することは重要ですし、そういう準備が出来る点もNIPTの大きな利点と言えるでしょう。

NIPTは問題が検出されないケースも多いですし、そのことで安心して出産をすることができる点が支持されています。
安心して産みたい、と考えている高齢出産のカップルからは特に希望する人が多く倫理的な問題を踏まえた上で利用する人が多いです。

知っておくべきNIPTの倫理的なデメリットとは

知っておくべきNIPTの倫理的なデメリットとは 多くのメリットがあるNIPTではありますが、検査をするにあたっては当然デメリットも存在します。
そもそもNIPTは、生まれてくる子供に染色値異常があるかどうかを確かめるのに有用な検査です。
そのため、その検査を通して生まれてくる赤ちゃんに染色体異常があることが分かった場合、妊娠中絶を選択する親が出てくる可能性がある点が倫理的に問題視されています。
実際に障がい者団体の中にはその検査に対して懸念を明確に表明しているところもすでにあります。
そのような状況を受け、日本ではその検査で知ることができる染色体異常を3ダウン症をはじめとする3つの病気に限定しています。
また、その結果が安易な命の選別につながることがないよう検査を受けることができるのもすべてのカップルとはしていません。
合わせてその検査を通して染色体異常が分かったときには専門家によるカウンセリングなど、専門的なフォローが受けられる環境を整えていくことも重要と言えます。

新着情報

◎2020/11/27

結果が出るまでの期間と注意点
の情報を更新しました。

◎2020/8/20

倫理的側面のメリット
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「倫理 メリット」
に関連するツイート
Twitter

町中の応急救護でナースと名乗れば、周りがコントロールしやすくなるのと傷病者の安心というメリットはあるけど、過失があった場合の責任の敷居が上がってしまうリスクも。 まあ、このへんは社会的な損得というよりは、医療人としてのプライドや倫理の問題。

「謝る」っていう行動には2パターンの動機があると思う。ひとつは誤るという行動による自分に対する攻撃やメリットを計算した利害的な動機、もうひとつは相手の心情を理解想像できた上で自分の過ちと向き合う倫理的な動機。 今の世の中は過剰な「正義感」と利害的な「謝る」で出来ているなー。

冒頭に医療提供体制を確保するためとは書いてあるんだけど、全く意味が分からん。どうせ軽症者は自宅療養なんだし、こうやることのメリットって検査代とかリソースの節約ぐらいじゃない?検査しないで適切な療養とか気が狂ってるでしょ。倫理的にもどうなのか。いやー狂ってるわマジで。

ドルの胴元でもある米国を怒らせて、何のメリットがあるのでしょうか。通常の感覚なら、上客の頼みだからといって何から何まで聞く必要まではありませんが、できる範囲ではなるべくお客の要望に沿おうとするというのが、まともな商売人の道だと思います。 中国には、その程度の倫理感もないようです。

心理学研究法 持ち込みなし 範囲 相関関係因果関係 変数(独立変数従属変数あとなんかもう一個) K(カッパ)係数の計算方法 一事例の実験デザイン 各研究法のメリットデメリット 質問紙調査の項目の作り方 研究レビュー、倫理

倫理的に正しい事』と『合理的である事』は必ずしも一致しない この子も、例のお爺さんがやった事も、間違い無く『倫理的には正しい事』だけど、それによって得られる社会的メリットも当人のメリットもほぼ存在しない